麻瀬憧庵                                 

◎やっぱり最後はこれかしら


 ここまで、お金を極力掛けず手持ちの機材を活用しつつ音質を向上させる方法を試した結果を色々書いてきましたが、ノイズを更に減少させ、更に良い周波数特性を得たいと思うと、結局最後はこういう所に到達してしまうんではないでしょうか。
それは、複数アンプによるスピーカーのマルチチャンネル化です。

 昔から、オーディオに嵌った方達はよりノイズの少ない良い音を求めて、アンプをプリ部とパワー部に分けたセパレートアンプに変更し、更に左右チャンネルの干渉によるノイズの発生を抑える為、パワーアンプをモノラル仕様にし、左右のスピーカーを左右別々のアンプで駆動させるというようにグレードアップを図ってきましたが、その行きつくところがこの方式のようです。

 例えばそのスピーカーが3Wayだったら、ウーファー、スコーカー、ツィ−ターをそれぞれ別のアンプで駆動するというもので、左右のスピーカーユニットそれぞれに単独のアンプをあてがうという方式です。
これだとノイズは最小、かつ周波数特性の調整も自在に行える訳です。

 私も昔、独り身で経済的に余裕があった頃にセパレートアンプを導入した経験があるんですが、マルチアンプシステムまではとてもとても。 そんな事は夢のまた夢だと思っていたんですが、ネットで色々な情報を仕入れる事が出来るようになり、その中で安くて良い物、良い方法の存在を知り、その結果、現在はステレオアンプを利用したマルチアンプシステムを導入するに至りました。

という事で、今ではスピーカーケーブルを調整する作業から解放された訳ですが、マルチアンプにしてもこの音を調整する事は重要かつ難しく、自分の耳だけを頼りにして非常に微妙な作業を繰り返さなければなりません。
この点において、ケーブル長を調整しながら音合わせをしてきた経験がとても役に立っています。

 ただこの方式を導入するにあたってのネックは何と言ってもお金がかかるという事ですよね
オーディオメーカーのモノアンプなどを使った場合、1台数十万円なんぞは当たり前。これがスピーカーユニット分必要で、更に周波数を各スピーカーに最適な帯域に分割する為のチャンネルデバイダーなる物が必要で、これの値段が又、数十万円したりします。
そういう訳で、実際にこの方式を導入している方の大半は、ご自身でアンプを作る事が出来る方ではなかったのでしょうか。

ところが、プロのレコーディングスタジオで使われているメーカー等の物は上の値段の数分の一から十分の一位の価格で購入できたりします。
ピュアオーディオに思い入れのある方は別にして、機材は音に色付けをしない方が良いとお考えの方はこちらの機材を購入する事で、格安でマルチアンプシステムを導入する事が出来ます。

一部器材入れ替えました

現在使用中の機材です。(2020年5月現在)

一番上にあるのが、チャンネルデバイダー(クロスオーバーとも
呼ばれるようです)。
BEHRINGER(べリンガー)のULTRADRIVE PRO  
DCX2496
です。

以前は CX2310 Super X-Proという同じメーカーのアナロ
グ方式のチャンデバを使っていたのですが、2019年8月より
デジタル方式のチャンデバに変更しています。

片チャンネルづつ2台使っています。(上から4台目)
安いくせに高性能。 大お勧め製品。

 これまで帯域を分割する為に、LC素子を用いたデバイディングネットワークを自作し音の調整に取り組んできましたが、遮断特性を −12dB/oct か、位相のコントロールまで考えると −6dB/oct にしないとなりませんでした。しかしこれだと、お互いの周波数帯域にかぶる部分が大きくなり、音の歪や濁りに繋がっているような状態が取れませんでした。 最初に使ったアナログ方式の物の遮断特性は−24dB/oct だったのですが、この機器の遮断特性は −6dB/oct から−48dB/oct とものすごく急峻な物まで何種類もの中から好きな物を選んで試せます。この事に起因する優位性は初めて試聴した時にはっきり判りました。

又、クロスオーバー周波数や、カットオフ周波数の変更も、一々違う値の素子に替えた上で試聴をするという事で、大変な手間と時間が掛かっていましたが、チャンデバですとクロスオーバー周波数の変更も自在に出来、どこで繋ぐと両スピーカーの一番良い部分が出せるのか納得行くまで試す事が出来、音作りに非常に役立つ物です。
更にこのデジタル方式の場合、分割帯域毎に別々の値を好きに選ぶ事が出来るので、非常に応用範囲が広い製品です。

このチャンデバは六つの帯域に分かれていますが、片チャンネルで六つとも使う事も出来れば、三つづつステレオで使う事も出来ます。
私はモノラルにして、1台で片チャンネルのウーファー、ミッドバス、ドライバー、ツィーター1、ツィーター2と五つの帯域を使って5Wayのマルチアンプシステムとしています。

 その下、2台並んでいるのが米国クラウン社製の D−60 というパワーアンプです。
それぞれ片チャンネルのツィーター1、ツィーター2を駆動しています。

元々は、米国の録音スタジオ等で使用されていたプロ用機材で、入れ替え等で放出された物のようです。
米国仕様と言う事で、120Vで使うようになっているんですが、日本の100V環境で使っても、全く問題はありません。聴き比べしても音の差は感じられませんでした。 ただ私は、ダウントランス導入により115Vで使用しています。

このアンプ、1967年〜74年にかけて製造されていたもので、この2台は前期(下)、中期(その上)とかなりな年代物です。 前期の物は約50年以上前の製品と言う事になるかもしれません。

古い製品でもさすがプロ用耐久性が違います。更に2台とも音は殆んど同じで、違いが解らない程。
劣化が考えられる電界コンデンサとボリュームは全て交換し、ノイズ対策を施し、電源ケーブル、プラグは交換してあります。

その下に右チャンネル用のもう1台のチャンネルデバイダー。

その下のアンプは、JBL2482というドライバーを駆動する ドイツ製の t.amp S-75 mk2 です。
評判は良い様ですが、ドライバーを鳴らしているだけですので良く分かりませんが、不満は全く感じていないです。

そしてその下、青いパネルのアンプは同じくクラウン社製のパワーアンプで型番は CP−660 
このアンプは6チャンネル、つまりステレオアンプが3台入っているもので、その3系統のステレオアンプそれぞれでBTL接続出来るような仕様になっています。
このアンプ1台で片側のウーファー、ミッドバスを駆動しています。

お値段は、それぞれ1〜3万円。
チャンデバ2台と t.ampは新品を購入しましたが、後のアンプ4台は全て中古。

チャンネルデバイダーとアンプをつなぐケーブル類も、部品を安く購入し自作しましたので、チャンデバとアンプ、電源ケーブル、ラインケーブル、交換部品全て込みで16,7万円位でしょうか。
これって、オーディオメーカー製のアンプでしたら、中級アンプ1台分の金額でしょうねぇ。

 しかしヤフオクなどで中古を購入する場合、保障は一切ありませんから、覚悟を決めてから踏み出さなければなりません。
一番怖いのはアンプのDC漏れ。スピーカーボイスコイルの焼損により一発でお釈迦になります。

という訳で、全く知識がない場合は踏み出しにくいのですが、今はネットという非常に便利なツールがありますので、その気になればいくらでも勉強できますのでハードルはかなり低くなっていると思います。

 このマルチチャンネル方式を導入すると、スピーカーケーブルの長さ合わせによるセッティングから解放され、クロスオーバー周波数の選択と出力ゲインの調整という二つの作業で音合わせをして行く事になるのですが、これがなかなか一筋縄ではいきません。

クロスオーバー周波数を選ぶ場合とても重要な事は、各スピーカーの周波数特性が平坦な場所を選択しないといけないという事です。ダラ下がりや逆にピークが出現している帯域で繋ごうとすると、合成された特性はフラットには成り得ません。
という事で、両方のスピーカーの周波数特性を予め把握する事がとても大切な事になりますが、ここで絶対に取り入れて頂きたいのが周波数特性の測定環境を手に入れる事です。 

難しい事ではありません。 ネット上に存在するフリーソフトとコンデンサーマイク1本を用意さえすればすぐ始められます。 こうする事によりマルチアンプシステムの調整が驚異的にはかどる事になります。

 『 Eインピーダンスが全てを決める』の中での、スピーカーケーブル長を変える事により周波数特性を調整する方法の記述の中で、「最後、最高のポイントはわずか数mm以内の所にあります。本当にそれだけの差でがらりと音が変わるポイントがあるんです。」と書きましたが、このチャンネルデバイダーを用いた方式においても、その微妙さは全く変わりません。

チャンネルデバイダーのクロスオーバー周波数を僅かに変え、その時の周波数特性を測定し、試聴する。
出力ゲインを変更した時も同じように特性を測定し試聴をする。 そのような作業を繰り返しながら、納得のいく音を探していかなければなりません。 これを耳で試聴する事だけで調整しようとすると、そのうち堂々巡りが始まってしまいます。 そういう経験をしてきた人間が言うのだから間違いありません。

効率良く時間を使う為にも、測定環境を手に入れる事は必須条件です。

ページトップへ                         前へ         次へ